« オオジュリン | トップページ | ニシオジロビタキ »

2021年2月14日 (日)

ウメジロ(9と6)

  • 久しぶりのα9です。
    Dsc01983lr
  • SONY α9+ FE100-400mmF4.5-5.6GM OSS +  SEL14TC  
    (2021年2月11日)
  • 久しぶりに使うと、ファイダーの見難さに愕然としました。暗めだし、鳥が遠くて的が小さいと、老眼の眼には、見えにくいです。R6とスペックは殆ど同じなのですが、R6はよく見えます。
    Dsc02001lr

  • シャッターも押したか押してないのか分かりにくいです。R6は素早く押せて、かつ、1枚と連写をしっかり区別して押せて、大変良くできています。結果として、鳥を見つけて、ファインダーの鳥を確認して、シャッターを押す動作が、α9だと、1歩遅れがちになります。
    Dsc02008lr

  • しかし、ブラックアウト無しのファインダーと、高速で歪みの少ない電子シャッターと、良く食いつくAFのお陰で、素早いメジロの動きを結構捕らえられたりします。(最初の1歩目は遅れても)。
    Dsc02087lr 

  • 撮っている時には見えていなかったカットが写っていたりします。
    「撮っている時楽しいR6と、後から楽しいα9。」
    Dsc01929lr

  • でも、α9のファインダーはもっと何とかして欲しいですね。
    今度のα1は、ファインダーが大きく立派になるようですが、見え方はどうでしょうね?また、鳥認識AFが不安定だとの海外の報告が有るそうですが、製品版では、どうなんでしょうね?
    Dsc01614lr

|

« オオジュリン | トップページ | ニシオジロビタキ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オオジュリン | トップページ | ニシオジロビタキ »