« 山の公園(Canon 100mm macro) | トップページ | キジとカワセミ »

2020年8月20日 (木)

EF100mmMacro vs FE100mmSTF

  • ヤマアジサイ。
    CanonEF100mmf2.8macroIS(以下C)
    絞り開放f2.8
    Dsc07604_20200818224401
  • Sony α7R3 + Canon EF 100mm f2.8 macro IS(C)
    Sony α7R4 + FE 100mm F2.8 STF GM OSS (S)
    (8月13日)
  • SnonyFE100mmf2.8STM(以下S)。
    絞り開放f5.6(特殊フィルターが付いているのでf2.8が実際はf5.6になります。)
    光線が強くなりましたが、均一な柔らかいボケになります。
    Dsc00385


  • (S)のf8(f4相当)
    Dsc00387


  • ホンドホトトギス。
    (C)のf2.8
    Dsc07691

  • (S)のf5.6(f2.8相当)最短が0.25倍なので、小さくなりました。
    Dsc00453

  • (C)のf8。
    Dsc07684


  • (S)のf10(f5.6弱相当)
    Dsc00458


  • フシグロセンノウ。
    (C)のf2.8。
    Dsc07810

  • (S)のf5.6(f2.8相当)。ややボケは少ない様です。
    Dsc00520  

  • ナデシコの一種。
    (C)のf2.8。
    Dsc07765

  • (S)のf5.6(f2.8相当)。
    光線が違うせいもありますが、草のボケ方が柔らかくて綺麗です。
    Dsc00493

  • ヒゴタイに変な虫(その6)
    (C)のf2.8。
    Dsc07748

  • (S)のf5.6(f2.8相当)。
    背景のボケが入ると、特徴が良く出ます。
    Dsc00462


  • STMはマクロは0.25倍までと強くないし、合焦もCanonの100mmマクロに負けているようですが、なかなか楽しい写りです。

|

« 山の公園(Canon 100mm macro) | トップページ | キジとカワセミ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山の公園(Canon 100mm macro) | トップページ | キジとカワセミ »