« また花と虫 | トップページ | KIPON EF-MFT AF (EFレンズを付けて2) »

2017年4月30日 (日)

OM-D E-M1 MK2 (EFレンズを付けて)

  • 「KIPON EF-MFT AF」でCanonのEFレンズを繋いでみました。結論としては、2−3回つなぎ直せば、繋がります。(つまり、少し不安定です)。
    まず、魚眼、EF8-15mmズームです。問題あまりなし。16-30mmの魚眼ズームとしてケラレなしで使えます。新M6の方がセンサーが大きい分良いのかも。でもOMDの使い勝手も悪くないです。
    ↓wide端8mm。
    P4300131s_2
  • Olympus OM-D E-M1 MK2 + CanonEF8-15mmFisheye
    同上+ED300mmf4 IS Pro(*)
    同上+CanonEF800mm f5.6L IS(+Markins Q20iQ-BK・BV-22 セット+G3540)(**)

  • ↓もう1枚、テレ端15mm。
    P4300143s_2

  • ↓光の方向が違って、比較になりませんが、前日の純正ED300mmf4。(*)
    P4291548_2

  • ↓次に、両極端で、EF800mmf5.6です。
    最初、レンズの手ぶれ補正(IS)をoffのままだと、ガタガタ安定せず。ISをonにすると、手ぶれ補正がよく効いて、1600mm相当のよく見えるスコープになります。ただし、AFはデジスコスタイルで、まずマニュアルで合わせて、最後にAFを効かせる手順になります。遠くのスズメを狙ったのですが、ピントが間に合わずでした。木のみ。シャープネスのよく効いたカリッとした画質ですね。(**)
    P4291490

    (続く)。

|

« また花と虫 | トップページ | KIPON EF-MFT AF (EFレンズを付けて2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: OM-D E-M1 MK2 (EFレンズを付けて):

« また花と虫 | トップページ | KIPON EF-MFT AF (EFレンズを付けて2) »