« 落日 | トップページ | 和歌山方面撮影会 »

2015年12月 4日 (金)

ジャズ喫茶ベイシー

  • 今回の東北遠征、もう1つの目的はこちらでした。
    宿はベイシーのある岩手県一関市のインター傍のビジネスホテルに取っていました。朝の撮影ポイントまで、高速を使いますが35分ほどの近さです。夕方からは2晩ベイシーに通いました。
    カメラの電池切れと私の体力切れのピンボケ写真のみですが、マスターのキャデラックが定位置に見えています。
    Img_0035dpp4
  • M3+EF-M11-22mm f4-5.6IS STM

  • 入ると、写真で良く見慣れた15インチダブルウーハーのJBLスピーカーシステムが奥に鎮座。昔からのジャズ喫茶の雰囲気で、阪神の震災前に神戸にあった「木馬」を思い出しましたが、こちらはもっと広いです。
  • かかっていたのは、60年代マイルスの「ESP」。
    トランペットが凄い勢いで中央前に飛び出してきます。この飛び出してくる中高音が、うちのシステムではもっと大人しいのです。神戸元町の「JamJam」が結構飛び出して、近い感じですが、こちらのは説得力のある音です。
    ロン・カーターのベースは、音量は充分あるのですが、歯切れが良くてスピード感の有る感じでした。胴鳴りがもう少し沈み込んでも良い様に思いました。
  • 次は、コルトレーンがレッドガーランドとやっている、マイルス抜きの50年代マイルス・コンポでしょうか。(アルバム不詳)。
    モノラルで中央に中高域が良くなりますが、スッキリした音です。ここで気づいたのですが、高域側がワイドレンジではないのです。勿論、古い録音のせいかもしれませんが。よく考えると、先ほどのロンカーターのベースも超低域側が充分出ている訳では無さそうです。
  • 三枚目は、ボビーハッチャーソンのバイブでしょうか?(これもアルバム不詳)
    ところが、このあたりで私のこめかみが脈打ってきました。遠征前からの風邪の悪化のようです。一枚目から高域が少し頭に刺さる感じがあったのですが、動悸もしてきて、バイブの音が頭に突き刺さるようです。
    このあたりで、ふらふらしながら、初日は退散しました。
  • 2日目は、お昼から3時間程、宿で昼寝休養をしてからもう一度お邪魔しました。
  • 所が、入ると音楽が鳴っていません。閉店間際だったようです。それでも私一人のためにかけて下さいました。
  • 最初は昨日と同じマイルスの「ESP」。
    これは、良く鳴ります。昨日感じた高域の五月蠅さはありません。やはり私の風邪のせいだったのでしょう。
  • 次はアート・テイタムとベン・ウェブスター。
    昨日の、コルトレーンとレッドガーランドの雰囲気です。中学生頃FMラジオで聴いて感動した「My one and only live」を聴いて退散とさせていただきました。最後まで店のお姉さん達は愛想良くして下さいました。有り難うございました。
  • マスターはフィナーレとして、ビッグバンドを1曲かけて下さいました。アルバムは陳列場所に出さずでしたが、ツインドラムのライブものでバディー・リッチでしょうか?
    やはり、ビッグバンドは一番いいですね。沢山の楽器の音のシャワーが濁らずにスッキリとかつ勢いよく鳴り響きます。こんなのを目指した音のセッティングだったのだと納得しました。これを聴くと、ワイドレンジは必要ないですね。
  • あまり聞けなかったビッグバンドはまたの機会にとっておきます。撮り損ねた朝日の写真とともに。
  • うちのシステムは、Altec A5をマルチでサブウーハーとスーパーツィーターをつけてやっているのですが、特にスーパーツィーターのセッティングがうまくいかない今日この頃でした。帰宅後、スーパーツィーターを止めて再セッティングを始めました。ベイシーのような中高域はでませんが、結構勢いがあって、かつビッグバンドがスッキリとした感じに鳴ってきています。ここ1-2年で大分音が良く鳴っています。(詳細は機会があればアップするかも)。勿論、もう一歩がなかなかうまくいかないのですが。

|

« 落日 | トップページ | 和歌山方面撮影会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャズ喫茶ベイシー:

« 落日 | トップページ | 和歌山方面撮影会 »