« 秋色留まりもの | トップページ | カワセミの池 »

2015年11月12日 (木)

軽量雲台その2

  • 先日から、使っています。
    これも、ボールの無い軽量で、アルカスイス型の汎用雲台です。カウンターバランスは何とか効きます。
    Img_9732dpp4
  • M3+EF-M11-22mm f4-5.6IS STM

  • Markinsの自由雲台 Q20iQにBK・BV-22 を被せて、パン方向のみに動きを制限したものです。調整すると、レンズを傾けても途中でちゃんと止まります。耐荷重は40kgと充分です。
    Img_9738dpp4

  • Kirkの一脚セットと比べて、
    ゴムを巻く必要が無くて、見た目がスッキリしています。よりやや重くて安定感はあります。
    逆に欠点は、よりやや重い事、値段が3倍、レンズの可動角度が少し制限される事などです。
    当分Zitzoの3型にはこれをつけてやってみます。より軽いKirkのセットはより小さい三脚(Z2型)につけて、使い勝手の良い自由雲台として試してみます。
    Img_9740dpp4

|

« 秋色留まりもの | トップページ | カワセミの池 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 軽量雲台その2:

« 秋色留まりもの | トップページ | カワセミの池 »