« 電源コンセント交換 | トップページ | 電源コンセント交換3(その後) »

2013年9月16日 (月)

電源コンセント交換2

  • 電源コンセントの交換数日後から、音が五月蠅くなって来ました。元に戻ったというより、音に勢いが有って、よりオーディオらしい音ではあるのですが。
    日にち薬で、そのうち落ち着くものかもしれませんが、ちょっと対策をしてみました。
    2z8a9218
    (5DMK3+EF100mmmacrof2.8IS)

  • 上の写真は、付け替えたコンセントの外枠(CB-1DB)です。これだけでも、かなり重くてがっしりしていますが、上側に黒い丸があります。下の写真は拡大です。
    2z8a9216

  • 水晶素材の直径1cmぐらいの碁石の様なものが貼り付けてあります。音楽を鳴らしている時、それぞれの物体は固有の周波数で共振するのですが、水晶の共振周波数がヒトの可聴域に無いので、共振を抑えるのだそうです。おまじないみたいですが、これが、かなり効果的だそうで、今回の様にコンセントの外枠でも、オーディオ機材でも、家具や壁、窓などいろんな所にはって、効果が有るそうです。この水晶玉(クウォーツレゾネーター)付きの外枠が、1つまだ付けずに残っていたので、試しにCDプレイヤーの上に置いてみました。水晶玉が真ん中に来る様にしました
  • 効果:確かに五月蠅さが緩和されます。何度か置いたり、外したりして確認しましたが、確かに効果が有ります。
  • 下は、アイソレーターの上に置いたものです。これも効果が有りますが、CDプレイヤーの方が効果が大きかったです。

    2z8a9163
  • 交流電源のノイズ以外に、素材の共振も五月蠅さの要因のようです!
  • でも、今まで鳴らしにくかったクラシックが、結構聞けます。今はちょっと元気すぎる音ですが。
  • Eiji Oue 「Mephist & Co.」 (CD盤)
    大植英次指揮ミネソタ管弦楽団の管弦楽曲集です。クラシックは不案内なので、某サイトのお薦め盤です。かなり高音質です。
    メリハリの大きい演奏で、ダイナミックレンジも広いし、奥行きも広いです。うちのシステムでは、上と外側の広がりがもう少し欲しいですが。
    4.ムソルグスキー「はげ山の一夜」;すごい迫力で、ボリュームを一層上げてしまいます。
    41o19buwll

  • まだ昨夜の嵐の様に、音は暴れておりますが、もう少し様子を見る事にします。

|

« 電源コンセント交換 | トップページ | 電源コンセント交換3(その後) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 電源コンセント交換2:

« 電源コンセント交換 | トップページ | 電源コンセント交換3(その後) »