« 低域側の位相 | トップページ | 電気製品の影響2 »

2013年8月18日 (日)

パソコンの影響

  • 前前回のblogの通りで、パソコンの電源のon、offで、オーディオの音が影響されます。パソコンそのものからのノイズもあるでしょうが、イーサーネットの空いた接続端子がノイズの大きな進入源になるそうで、対策をしてみました。
    2z8a9018
    (5DMK3+EF50mmf1.4)

  • 1.まず、ACOUSTIC REVIVEのLAN Terminator RLT-1を試してみました。
    うちでは現在、PCオーディオはしていなくて、従ってオーディオとパソコンは繋がっていません。MacのTime capsuleをルーターとしています。
    そのルーターの2つの空いた端子に、RLT-1を差し込んでみました。
    2z8a9056
    (5DMK3+EF100mmmacrof2.8IS)
  • パソコンの電源をoff(Time capsuleの方は常にon)の状態で差し込こんだにもかかわらず、、明らかにノイズが減って高域の五月蠅さが緩和され低域もはっきりして、「SN比が上がる」状態です。
  • 2.次に、空いたハブの端子対策です。
    うちは、10数年前にイーサネット配線がしてあって、2カ所にハブがあります。今は、無線LANが普通に使えるので有線のハブは不要になり、沢山の空いた端子が気になります。
    そこで、ハブをやめて(下の写真上側)、LANケーブルをアダプターで直接繋いでみました(下の写真下側)。
    2z8a9067
  • これも、同様に効果有りです。
    そこで残りのもう1つのハブも同様にしたところ、効果が一番大きく感じました。イーサーネット環境の空いた端末が全て塞がったという事でしょうか。
  • 71dtacnqql_aa1429_
    たなかりか「ジャパニーズ・ソングブック」
    ジャズボーカルです。日本の歌を日本語で歌っているのですが、最近多いJ-popのカバーとは少し違った選曲でなかなか良い感じです。ギターやウッドベース、オルガンなど少ない伴奏で、空白のノイズが少なくなり、少し五月蠅さかったボーカルが柔らかくなり、ベースの響きが良くなりました。でも、まだボーカルは少し尖って聞こえます。DG-48のボイシング(音場補正)で5〜10kHzあたりを少し下げれば、五月蠅さは減るのですが、大人しくなりすぎるので、補正はせずに、パソコン・電源周りの整備をボチボチやって行こうと思っています。

|

« 低域側の位相 | トップページ | 電気製品の影響2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パソコンの影響:

« 低域側の位相 | トップページ | 電気製品の影響2 »