« パソコンの影響 | トップページ | SUONO再び »

2013年8月27日 (火)

電気製品の影響2

  • 直接オーディオと繋がっていない電気製品の影響を2つ。
  • まず、エアコンのon、offは大いに関係有りました。(以前のblogを訂正します。)
    リスニングルームのエアコンは停止ボタン1回ではエアコンの空調は止まるのですが、自動掃除モードになってしばらく電源が切れないのでした。停止ボタンを2回押すと、電源が切れて、音は大分クリアーになります。
    51nbd0kw29l

  • とは言え、エアコンを止めたままだと熱中症になりそうなので、最近はエアコンの温度設定を低くして急速に冷やしては、エアコンを2度押しで止め、また暑くなったらつけるという風にしています。
  • 2つめ。テレビやBDプレイヤーの電源は壁コンセントから摂っています。これまで繋いでいたコンセントは、うちの配線図にはのっていなくて、多分設計図ができてから追加したものの様です。大分前の事で記憶は不確かですが、もしかしたら、オーディオ配線から摂ったのかもしれないのです。
    そこで、配線図にちゃんと載っている、本来のテレビ用の電源コンセントに差し換えてみました。こちらは、明らかにオーディオ配線とは分電盤から別れたものです。
    すると、これまた、はっきりと、SN比が上がりました。テレビのリモコン電源offの状態でもです。(ホント、何をやっても変わりますね。)
  • Lee Konitz「Rhapsody」(CD)
    Helen Merrill等とのvocal曲もありますが、Bill Friesell(g)、Joe Lovano(saxes)、Paul Bley(p)、Gary Peacock(b)等との、ソロやインタープレイ集と言った感じです。静かな中から、いろんな楽器が飛び出してきます。ノイズや高域の五月蠅さ、低域のクリアーさ、がよく判ります。
    電源対策で大分音が鮮明になったのですが、ただ、altosaxやsopranosaxの音色がちょっと暗くて、精彩が無い感じがします。もっと明るくても良いのではと考えて、次の対策を試してみました。(つづく)。

|

« パソコンの影響 | トップページ | SUONO再び »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 電気製品の影響2:

« パソコンの影響 | トップページ | SUONO再び »