« 桜メジロ | トップページ | 春の撮影会 »

2013年4月29日 (月)

DG-48

  • 例年同様、この時期はちょっと疲れ気味で、鳥撮りは休みがち、筋トレも少しペースを落としています。ATCのスピーカーが売れたので、それを元手にしてAccuphaseのdigital voicing equalizer DG-48を導入しました。
    2z8a8560
  • 5DMK3+EF100mm macrof2/8IS

  • 例によって、ルーツサウンドさんに設定と、お手本のカーブも作って頂きました。数日間、いろんなのを聞いてから、自分でやってみる事にしました。
  • いろんな使い方が有るようです。リスニングポイントに計測マイクをセットして各波長の音を左右別々に測定します。
  • こんな感じで結構デコボコしています。解析は只今勉強中ですが、70〜80Hzと260Hzあたりの落ち込みは、補正不可な低在波でしょうか。また200〜500Hzあたりが膨らみすぎているようです。
    2z8a8544

  • 補正カーブです。低在波らしきところは触らずに、全体のデコボコを整えて,200〜500Hzと100〜150Hzあたりを少し押さえました。もっとデコボコをなくしてフラットにしたのも作りましたが、今日の時点で、とりあえずこのあたりで聞いています。
    2z8a8573

  • 勿論、左右の音場補正もしてくれます。
    2z8a8576

  • まだまだ調整中ですが、最初の印象は、音がクリアーになって、定位もはっきりしています。
  • 「綾戸智恵LIVE!・Ⅱ」(CD盤)は、ビッグバンドをバックにしたライブで、今まで家では鳴らしにくかったのですが、聞き取りにくかったボーカルが中央にくっきり浮き出てくるし、バックの楽器もよく分離して聞こえます。
    51cdi5fmgml_2

|

« 桜メジロ | トップページ | 春の撮影会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DG-48:

« 桜メジロ | トップページ | 春の撮影会 »