« 減量の途中経過 | トップページ | 連射(ヤマセミ) »

2012年7月24日 (火)

DPPのデジタルレンズオプティマイザー

  • いいという話を聞いて、試してみました。DPPのRaw現像時に、Canonレンズの収差をデジタル処理で補正してくれる機能です。
    収差が多そうなズームのEF100-400mmISで撮った熱帯のアジサシ(クロアジサシ、エリグロアジサシ、ベンガルアジサシいっぱい)また行きたいですね。
    (いつもそうですが、画像クリックで拡大します。)
    _mg_94552web
  • 7D+EF100-400mmIS(手持ち)
  • 拡大画像です。
    遠くの小さなアジサシの輪郭が、くっきりクリアーになります。普通のシャープネス処理のように画像を壊さないのだそうです。
    _mg_945524web

  • 下は、デジタルレンズオプティマイザー処理していない、以前にLightroomでRaw現像したものです。(色調も少し違いますが。)シャープネス処理しています。
    _mg_9455edit24web

|

« 減量の途中経過 | トップページ | 連射(ヤマセミ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DPPのデジタルレンズオプティマイザー:

« 減量の途中経過 | トップページ | 連射(ヤマセミ) »