« 高域のアンプ交換 | トップページ | ミコアイサ(飛び出し5) »

2012年2月 8日 (水)

ミコアイサ雄(飛び出し4)

  • 低速ssでシンクロさせてミコさんの頭をしっかり止めるのは、なかなか難しいのですが、この高速ss連写(抜粋)でも頭の位置がファインダ^内でこれだけ動いているのですから、当然ですね。
    以下Raw現像リサイズのみでノートリです。
    Ac6j3920
  • 1DMK4+EF800mmf5.6IS(+DV12SB+G1548)
    (2月5日)
  • 羽を上に上げる時に
    Ac6j3921

  • 進むスピードは(多分)遅くなって
    Ac6j3922

  • 綺麗にファインダーのど真ん中におさまり、
    Ac6j3927

  • 羽を下ろすと、スピードが増して頭が前にずれます。
    Ac6j3929

  • と思ったら、、頭が後ろに、、、鳥さんがスピードを緩めた様です。
    とにかく頭を止めるのは、難しいのです。
    Ac6j3931

|

« 高域のアンプ交換 | トップページ | ミコアイサ(飛び出し5) »

コメント

なるほど,鳥とシンクロしなきゃいけないですね.

投稿: ROBIN | 2012年2月 9日 (木) 12時03分

はい、スローシャッターでシンクロを意識すると、
トビモノの良い練習になります。

投稿: エイコム | 2012年2月 9日 (木) 21時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミコアイサ雄(飛び出し4):

« 高域のアンプ交換 | トップページ | ミコアイサ(飛び出し5) »