« The Voice of the Theatre | トップページ | シマアオジ »

2011年4月26日 (火)

EXCLUSIVE P3

  • やって来たアナログプレイヤーは、パイオニアの今はないEXCLUSVEブランドのです。
    _mg_8322
  • (5DMK2+EF24mmf1.4)
  • ルーツサウンドさんが店で使っているのを見て、大きくてがっしりしているのが直感的に気に入って、中古が出るのを待っていたのですが、忘れた頃に入ったと知らせが来ました。実物は、重いし、フローティング機構でハウリングに強そうです。取りあえずDENONのカートリッジ(DL103-R)とStep-up-transformerがついています。
  • 音は、前のblogの通りで、「The Great Jazz Trio/At The VillageVanguard」では、ドラムやベースの低音が太くて音圧があってAltecA7のスピーカーとセットで、迫力や臨場感がだいぶ凄いです。
  • 「Crescent/John Coltrane Quartet」はCDとLP両方持っているのですが、Featuring:M.tyner/J.Garrison/E.Jonesとなっているとおりで、Coltraneが吹きまくるのではなくて、4人ともがよくソロをとってバランスが良くて、オーディオチェックにもなるので、かける頻度の高いアルバムです。で、その違いは歴然で、今は迫力満点のアナログの方ばかりかけています。
    41mvgm691fl_sl500_aa300_
  • 最近は、CDの音が相当よくなっていますが、古めのアナログ録音は、元になるマスターテープが痛んでいたり、無かったりで、特にアナログソフトに部が有るようです。

|

« The Voice of the Theatre | トップページ | シマアオジ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: EXCLUSIVE P3:

« The Voice of the Theatre | トップページ | シマアオジ »