« 究具04VCA-1 | トップページ | ハクガン1 »

2009年12月 7日 (月)

デジスコにM503雲台2

  • この日は、ssそんなに遅くなかった事もありますが、30倍アイピースで、M503雲台でも歩止まり良かったです。
    ズーム12.8mm(1800mm相当)ISO感度80、f3.5(合成F値4.4)、1/30秒、トリ有り。
    Img_21952web

















  • TSN884+TE17W+BR-S90(+M503+G3540LS)(12月4日)

  • M503雲台(+G3540LS)は、デジ一眼で使うと、軽量の割に結構ブレないので、ここ1-2年の私の撮影スタイルでは、有る程度の距離を歩いたりするので、主力の脚です。
    そのM503雲台ですが、デジスコでも結構使えそうです。
    但し、フリクションが大きくて、ファインダーに写る鳥さんを細かく動かしにくいです。それから、上向き、下向きで撮る時は、自動でバネが戻りすぎるので、パンの堅さを強めにするか、パンをロックする必要があります。
  • ズームテレ端22.5mm(3150mm相当)ISO感度80、f4.9(合成F値7.7)、1/13秒、ノートリ。
    Img_22162web


















  • ズームテレ端22.5mm(3150mm相当)ISO感度80、f4.9(合成F値7.7)、1/25秒、トリ有り。
    Img_22292web


















  • ズーム15mm(2100mm相当)ISO感度80、f4(合成F値5.1)、1/50秒、トリ有り。
    Img_22433web














  • と言うわけで、結論。私のデジスコ雲台の使い分けは、
    1. 軽い雲台1つで、デジ一眼にもデジスコにも使う時は、M503雲台(+G3540LS)。
    2. 最近のカワセミの池のように、軽くなくても良い時は、SazhtlerのDV6SB雲台(+G3540LS)の方が、デジ一眼でもデジスコでも良いでしょう。
    3. 勿論、デジスコだけだと、軽い究具01雲台が有ります。

|

« 究具04VCA-1 | トップページ | ハクガン1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デジスコにM503雲台2:

« 究具04VCA-1 | トップページ | ハクガン1 »