« 桜アオバト | トップページ | ミヤコドリ(キャリブレーションの話等) »

2009年4月10日 (金)

日暈

  • カワセミが飛んでいった方の夕日に虹の傘がかかっているのを、風景写真をやっておられた方が発見。夕方まで残っていた鳥屋さん達が、みんな風景写真屋さんに。
    _n0k27542web











  • 1DMK3+EF500mmf4IS(+Manf503+G3540LS)(4月7日)

  • Wikipediaを見ると、
    暈(かさ)とは、太陽や月に薄い雲がかかった際にその周囲に光の輪が現れる大気光学現象のことである。ハローまたはハロ(halo)ともいう。特に太陽の周りに現れたものは日暈(ひがさ、にちうん)、・・・・
    だそうです。
  • このあたりの木にもアオバトが留まるのですが、この時は見あたらず。かわりに、
    飛行機雲や、
    _n0k27842web

















  • ジェット機が、通過してくれました。
    _n0k28372web_2


















  • 夕日にさくらをかぶせましたが、日暈が判らなってしまいました。
    _n0k29663web_2











  • この日、遅くまで粘った皆さん、ニコニコして帰って行ったのでした。
    (終わり)

|

« 桜アオバト | トップページ | ミヤコドリ(キャリブレーションの話等) »

コメント

そちらは鳥屋さんが多いですね.
こちらはバードウォッチャーは多いですが,写真を撮影する人は限られています.
砲列が並ぶのはサシバの渡りとアカショウビン小屋ぐらいですかね.
その他はほとんど単独行動です.
それにしてもきれいな色ですね.

投稿: ROBIN | 2009年4月10日 (金) 23時12分

鳥撮りの人数は多いと思います。
でも、今は、フィールドが沢山あるので、分散しているようです。
基本的に、あんまり人が多過ぎるのは好きくないので、
混む所は、平日休みや午後に行ったりしています。

鷹の渡りは、砲列が並んでもいいでしょうが、
小屋で沢山は、いごこち悪そうですね。
でも、そちらのヤイロチョウは、混んでても、行ってみたいです。

投稿: エイコム | 2009年4月10日 (金) 23時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日暈:

« 桜アオバト | トップページ | ミヤコドリ(キャリブレーションの話等) »