« 幼鳥 | トップページ | オオワシ »

2008年3月 7日 (金)

オオワシ(CG241Wの話)

  • モニターColorEdgeCG241Wの調整の話です。
    画像は、最終日の流氷船500mmの続き。(画像と本文はあんまり関係してませんです。
    Img_93363web














  • CG241Wは、96%AdobeRGB対応のモニターです。普通のsRGBより、緑(と赤も)の色域が広くて、綺麗だそうです。また付属のw-riteとcolorNavigatorを使って、ハードウェアキャリブレーションが、簡単にできるのです。
    Img_93432web













  • 私の最近の、画像処理は、画像閲覧とチェックをBridgeCS3(PSLightRoomの方が良さそうで、これからは、こっちを使ってみる予定です)、RAW現像をCanonDPP、レタッチなどをPSCS3で行っているのですが、AdbeRGBモニターを生かそうとしたら、ソフトの設定が変わります。PS(Bridgeも)、DPPは、作業領域をAdbeRGBに変更、LRはそのままProPhotoRGBとしました。
  • ところが、各ソフトで、画像の見え方がかなり異なるのです。
    PSとSafariのblogの画像がほぼ同じ明るさなので、それが多分正確な画像とすると、
    1.DPPは、暗過ぎ。(だから、DPPの画像をRAW現像して、PSに移すと逆に明る過ぎるのです。)
    2.PSでweb用に保存するときのプレビュー画面は、こってりした色の暗めの画像。
    3.BRidgeCS3のプレビュー画面は、少し明るすぎ。
  • Macは、共通にカラーマネージメントする設計だからでしょうか、どのソフトも、モニターの設定をする所は見つかりません。まあ。PSが正確そうなので、それで調整すれば良いのでしょうが、。もうちょっといろいろ探してみます。

    Img_93602web













  • ところで、CG241Wの見え方ですが、オオワシの黒の階調は、正面からより斜めから見た方がよく見えるようです。これって、うちのモニターだけの問題?
  • 曇りの天気でも、白が跳んでますね。全てノートリです。
    Img_94633web













  • 40D+EF500mmf4IS(+Manf503HD+G3540LS)

|

« 幼鳥 | トップページ | オオワシ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オオワシ(CG241Wの話):

« 幼鳥 | トップページ | オオワシ »