« オジロビタキ | トップページ | またオジロ »

2007年2月 2日 (金)

トラツグミ

  • ジンバル雲台(究具01)の試写です。
    Img_14634web

    今日のモデルは
    トラツグミ等です。





  • 今までの足回りはManf519+G1348で、ブレが少なくて安心感がありますが、かなり重いのと、素早く構図を変えにくくて、どうしても日の丸構図になりがちです。そこで、前にも簡易ジンバルを使っていたので、今回digisco.comからのジンバル雲台(究具01)を試してみました。
    Img_13482web
    シロハラ

    ズームテレ端
    (約3000mm相当)
    ss1/8s


  • 上の場合、首の所を中央に持ってきて、AFロックして構図を少し変える。移動によるぶり返しがないので、この動作が割と楽にできます。
    Img_15652web
    AFロックで
    こんな風です。
    ズーム17.5mm
    (約2400mm相当)
    ss0.3s


  • Img_14682web

    ズーム13.1mm
  • (約1800mm相当)
    ss1/6s



  • どれぐらい、ブレがあるのかどうかなのですが、
    夕方でss遅い上に、トラツグミは結構動くので、被写体ブレか、カメラ側なのかが、解りにくいです。
    次のは、トラさんが静止した時です。
    Img_15692web
    ズーム17.5mm
    (約2400mm相当)
    ss0.4s
    ブレ少ないです。



  • Img_14552web 後ろにネコが いるのですが、 なかなか逃げません。


    ズーム13.1mm
    (約1800mm相当)
    ss1/10s



  • ジンバル雲台も案外ブレが少なそうですが、さすがにM519程の安心感は無いかも。また別の条件で、試してみます。
  • TSN884+TE17W+P2+BRS80

|

« オジロビタキ | トップページ | またオジロ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トラツグミ:

« オジロビタキ | トップページ | またオジロ »