« 南遠征6 | トップページ | コイカルなど »

2007年1月27日 (土)

TSN884

  • コーワの新しいスコープの試写です。
    Img_92482web







    モデルは
    オジロビタキの
    メスです。
    ズーム17.5mm

  • 夕方日没前30分ぐらいで、一眼ではうまく撮りにくい条件です。
    Img_91622web


    wide端
    (7.3mm)
    (f3.2ss1/30)


  • Img_92292web


    9.9mm
    (f3.5ss1/30)









  • Img_92295web

    上を
    ピクセル等倍で
    拡大トリミング








  • Img_92352web








    ズーム13.1mm
    (f4ss1/25)



  • スワローの65mmより大分明るいようです。
    見えやすいし、S80の合焦も早いです。
    かなり鮮明です。色は透明で、無色すぎるぐらいです。
  • Img_91933web







    テレ端
    (20.7mm)
    (f5.3ss1/15)



  • Img_91723web
    これも
    テレ端
    ピントの深度は
    大分浅いです。
    (f5.3ss1/13)


  • TSN884+TE17W(30倍接眼)+P2+BRS80

|

« 南遠征6 | トップページ | コイカルなど »

コメント

新しいコーワのスコープ買われたんですね。
ミラーショックが無いので薄暗いところはデジスコの方が有利なんでしょうか。
私もデジスコで朝トラツグミさんを撮影しましたが1/4sでしたが綺麗に写ってました。

投稿: ken | 2007年1月28日 (日) 16時48分

kenさん、今晩は。
私も最近は、デジ眼が多いのですが、
一長一短ですよね。
デジスコは、暗い時、大きな鳥の超遠い時、小鳥の少し遠い時、度アップの時などなど、
に向いているので、デジ眼との使い分けに、明るいスコープを追加しました。

投稿: エイコム | 2007年1月29日 (月) 00時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TSN884:

« 南遠征6 | トップページ | コイカルなど »